ガラスリペア

GLASS REPAIR

 
HOME | ガラスリペア

フロントガラスリペアとは


Windshield repair
ガラスリペア

一般道路や高速道路走行中などの飛び石が原因でフロントガラスにできた小さなヒビ割れを自動車ガラス交換せずに直すことです。自動車のフロントガラスなどの合わせガラスに飛び石などでヒビやキズが出来た物に特殊樹脂を注入して補修するそれがガラスリペアです。くるまのフロントガラスにヒビやキズが付いたらすぐに当社へご依頼ください。
 
ガラスリペアの基準の大きさは500円玉大ぐらいが目安で500円玉より小さければ交換せずにガラスリペアで対応可能です。当店では、年間500台以上を誇る経験に裏打ちされた確かな技術で修復します!また、完成度を高める為に米国製の最高レベルの機材を取り揃え、ガラスの傷口に注入する特殊樹脂も数年では劣化しない最高級のレジン液を使用してガラス補修を行っています。
ガラスリペア修理の作業可能部位はガラスの外周にあるセラミックドット部分から約10センチ以上、内側の部分になりますが、作業可能な場合もございますので一度お見せください。
 
500円玉以上のヒビ、キズの場合や修復困難と判断した場合はガラス交換修理をお勧めしています。
まずはお気軽に当社へご相談下さい。

ガラスリペア 施工例


Glass repair construction example

BEFORE

BEFORE

ひびにはいろいろな形状があります。これは飛び石の当たった強さ、角度など様々な条件で変わってきます。もちろん車検にも受かりません。ひび割れや傷でフロントガラス交換修理を検討する前に当社のガラスリペアにお任せ下さい!

AFTER

AFTER

フロントガラスの傷内部にレジンと言う液剤を注入し固め、ひびが伸びるのを止めます。ガラスリペア修理は御覧のとおり!!ガラスリペア修理の仕上がり具合は、傷の大きさや割れ方などにより若干差があります。

飛び石ができる原因と対策


Causes and countermeasures for stepping stones

フロントガラスに飛び石傷が発生してしまう要因としては、主に前方走行中の車両のタイヤの溝に挟まった小石などによりひび割れが発生してしまいます。特に冬場などのスタットレスタイヤの装着率の上がる時期などはリスクが高まります
キズの付いたフロントガラスは、ちょっとした温度変化や振動などによりキズが拡大してしまいます。また、長期間放置されたひび割れ内部に汚れや油分が侵入するとフロントガラスリペア修理の仕上がりが悪くなってしまう原因にもなります。
ひび割れが出来た場合は、可能な限り早めに修理する事がお勧めです。

フロントガラスの飛び石キズの応急処置


First aid for windshields with stepping stones

飛び石によるキズ、ヒビを確認。

応急処置には、市販のビニール製のセロハンテープなどなるべく防水性の高いものを用意してください。

※ガムテープや紙テープなどは浸水しますので不向きです。

防水テープの張り付け

テープで傷口全体を覆うように貼り付けてください。その時に雨天走行してしまったなどの場合は傷内部に水分が侵入している可能性があります。その場合はあえてテープを張らずに晴れた日に傷内部まで乾燥した状態でテープを張り付けてください。傷内部に油分が入ると、仕上がりに影響が出るため、なるべく早い段階で貼り付けるのがポイント。

お電話で予約

メールもしくはお電話にて作業依頼をしてください。作業時間や約30分〜1時間程度で完成します。ご予約制となりますのでお早目のお電話お待ちしております。

ガラスリペア後も安心補償


Security compensation

ガラスリペアはあくまでも補修です。仕上がり状態に満足出来なかった場合や割れ方による強度の再生不足が原因でひびが大きくなるケースが稀にございます。
当店では安心補償サービスとして作業後1年以内であれば、フロントガラス交換お値引き料金からガラスリペア代を差し引いた価格にて作業をいたします。
また衝撃点のレジン剥げなど期間内であれば再度梅直しのサービスも行っております(1年以降は有料になります)

自動車ガラス施工事例


Car glass construction example

ACCESS

アクセス
首都高速2号目黒線
戸越から 第二京浜/国道1号線 経由 13分
首都高速1号羽田線
平和島から 都道318号線 経由 19分

03-6808-8200

お問い合わせ